ちょっと変わった煎茶の淹れ方

お客さんの中で面白いお茶の淹れ方をする人がいました。

始め急須に熱湯を入れてしばらくしたら、氷を入れて急冷してから湯呑みに注ぐ。

そんな淹れ方です。

この淹れ方はもしかしたら煎茶を淹れるのに応用したら香りも味も両方強いお茶になるんじゃないかと。

 

 

そして、何回かテストしてみました。

具体的な淹れ方はこうです。

 

急須は暖めずに使います。

いつも通りの茶葉を量り取って急須に入れます。

そこに茶葉が浸かるくらいの量の熱湯を入れます。

10秒待って、氷をかなり大量入れます。

この時、氷は細かい方がやりやすいと思います。

そして、2分程度待ってから湯呑みへ注ぎます。

氷は全部解けていなくても大丈夫。

これで香りも味も両方強いお茶が出来上がりです。

まだ試行錯誤中ですので、ご意見レポートがあれば大変喜びます。

Twitter: @JasteaFETまでご一報下さい。

 

香りも味も強い煎茶はこちら

 

もどる