紅茶の淹れ方

 紅茶の淹れ方は非常に簡単です。

基本的に熱い温度で淹れたいので、

お湯でポットを先に温めておくのがポイントです。

基本的な分量は3gの茶葉にたいして、150ccの熱湯を使います。

いちいち量り取るのが面倒という方はティーメジャーで感覚をつかむと良いです。

ない方はカレースプーンなど大ぶりのスプーンで代用できます。

そして、大きな茶葉で3~5分、砕いた小さな茶葉で2分ほど待てば完成。

ティーカップに3回に分けて順番に注ぐと均等な濃さになります。

ネルなどを使ってポットから茶葉を取り出してしまったり、

ポットをもう一つ用意して移してしまうのもありです。

 もちろん、分量や時間はこの通りにやるのが理想ではありません。

あくまで目安で、渋かったなと思ったら茶葉の量を減らしたり、

もっと甘く出したかったなと思ったら抽出時間を長くしたり。

あなたの好みの味に仕上げてみてください。

 お茶を愛して淹れてあげる方が淹れてくれたものを飲むと、

それは格別に美味しいお茶になるはずです。

 

戻る