茶の旅三重編

投稿日:2017年5月4日 カテゴリー:三重

朝9時半に京都紅茶道部の管理者、みこどんさんを乗せて三重に向けて出発。

今回目指すは、登録品種第1号である「べにほまれ」の紅茶だ。

「べに」とついてるくらいで紅茶用品種。

戦後当時の国がいかに紅茶に力を入れていたか伺える。

そんな品種のお茶を求めて三重は亀山に向かいます。

着いたのは11時前。

ICを降りてどちらかわからなかったものの正解のようで、問題なくつきました。

「喫茶オレンジペコー」

早速、みこどんさんと写真を取ってツイッターにアップ。

おそらく、見ていた方は「ああ、一緒に行ったのか」と思われたかな。

中に入って、せっかくなのでカウンター席へ。

昔ながらの幹線道路の喫茶店と言う感じです。

べにほまれが中身の有名なモーレツ紅茶を頼むのは勿論、ここでお昼を食べないと逃してしまいそうなので、

なにか選ぼうと。

中部圏に来たのだから、味噌焼きうどん。

これがいいな。

モーレツ紅茶は食事より早く飲みたかったので、一緒に出してもらうことに。

べにほまれの紅茶をかなりガッツリ出しして、砂糖とエバミルクをたっぷり入れた紅茶にすると美味しいのです。

しかし、それをあえてストレートで口を付けてみます。

濃く濃く出しているので、あまりオススメしませんが。

しかし、濃厚ですが嫌味はなくて紅茶の質が良い事が分かります。

これはセイロンティーを買うよりも正解なときが多々あるでしょう。

裁断され同じように使うことが出来ます。

むしろ、こんな良い紅茶があったとは驚きなくらいです。

味噌焼きうどんとも相性が良くて、飲み干してしまいました。

この紅茶は本当に欲しいと思う一品です。

次の目的地は大台町の上嶋さん。

「みえうえじま」と言う民生品種を作っている方です。

全国茶品評会にも勢力的に出品しています。

5年くらい前、まだJasteaの名前すらないときに来ていたのですが、

摘んだ生葉を少し置いておくという話しを思い出し、

萎凋のことを言っていたのだと理解出来る今、再び訪ねさせてもらいました。

そして、ここならトン単位の大量の紅茶を作れる工場があると発見しました。

全品茶を飲ませてもらい、さすが綺麗なお茶だと驚き後にします。

そして、時間があれば行きたかった南山城村の道の駅。

とうとう4月15日にオープンしていたので、行きたかったのですが、チャンスは早々に現れました。

お茶押しでここまで出来るのかと言うほど、多彩な商品と様々な展示に心底驚きました。

店内は賑やかで、綺麗で、芝生からは茶園が見えるではないですか。

一押しの茶羊羹はしっかりお茶の味がして譲れないところを表明した意思が分かります。

ペットボトルのお茶も宇治のお茶という強い思いからか水色が黄色でした。

みこどんさんと興味深い話しも散々して、解散です。

濃密な非常に良い旅でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です